慈済日本のサイト

01月16日
  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
ホーム ボランティア物語 十年間変わることのない、単純な信念

十年間変わることのない、単純な信念

Eメール 印刷
南投県鹿谷にある蘇さんの家を訪ねたところ、博翊君はちょうど台所で茶碗を洗っていました。

十年前に法師さまのお写真を撮った坊やはもう立派に成長していました。上品な顔立ちの頬に二つのえくぼ、気立てのよいおとなしい青年になりました。

鹿谷小学校を卒業後、博翊君は故郷を離れて花蓮にある慈済中学校で勉強することにしました。後に国立の高雄料理専門学校に合格しました。今年十七歳の博翊君は九月から二年生です。

休日で家にいるとき、博翊君はいつも夜明けに起きて、あたりがまだ薄暗いうちに、両親と一緒に茶畑や田んぼへ行って、肥料を運んだり、施したりします。農作物の取り入れ、荷造りなどもして、一所懸命農業の仕事を手伝っています。

博翊君の両親はニコニコしながらこう言いました。「親を心配させない子が一番幸せな子になれるんですよ。心の優しい博翊がいてくれるからこそ、私達夫婦は慈済のボランティアになれたのです」。

十年前、博翊君が法師さまを撮影する時に使ったカメラは、今も大切に保管しています。博翊君がお母さんと肩を寄せあい、母校の鹿谷小学校の校内を散歩している姿は、まるで十年前、法師さまが博翊君の手を引いて希望工程を視察していた時のようです。

十年という歳月は決して短くありません。青年になった博翊君が畑でてきぱきと仕事をしている姿を見て、この心の優しい子、そしてまじめで、単純な心を持つ子は、今も変わっていないと私は思っています。


慈済月刊五一三期より
文・卜堉慈/訳・瑞華
 

画像

超大型台風30号(アジア名Haiyan)がフィリピンを直撃、フィリピン史上最大の災害をもたらしました。被災状況が最も甚大なのは、レイテ島のタクロバン市、オルモック市、そしてサマール島のギワン島。

募集するには、より人間仏!

・・・・・参加のお願い・・・・・

私たちは常に多くの方の慈善の心に呼びかけます。
私たちの活動に参加してみませんか?
時間でも資金でもあなたの思う方法で参加しませんか?
私たちはいつでもあなたを待っています。

ホットトピック

 

東日本大地震住宅被害見舞金配付活動一覧表

 

四川省大地震の後・慈済希望工程

洗い出しの外壁、人字型の集会堂、地面が呼吸できるインターブロ...

 

ペットボトルリサイクル――エコ毛布の奇跡

人々はこんなにも軟らかく暖かな毛布が、ペットボトルから作られ...

メインメニュー


" 日常生活での些細なことの積み重ねによって徳を修めるのであり、いつまでも続ける心構えがなければならない。日頃の言行挙止が仏法の教えに適っていてこそ、本当に仏に学び徳を修めることになる。 "
静思語