慈済日本のサイト

10月22日
  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
ホーム 證厳上人 悟りの瞬間 修行について――仏を信じる

修行について――仏を信じる

Eメール 印刷
記者:「仏を信じるのと信じないのとはどう違うのでしょうか」  
上人:「仏を信じるのと信じないのとはやはり同じではありません。『仏に学ぶ人』は出家の心で世間の事業に携わり、どのような困難に遭っても後ずさりせず、個人の得失など考えずに小我を犠牲にします。『仏に学ばない人』でしたら得失をたいへん気にします。両者の違いは、『私心なく、ひたすら衆生のために奉仕する』という宗教情操があるかないかという差です」


訳・慮慇
 

" 人はとかく偏った一念のために、愛し合い助け合う人生を捨てて、奪い合い憎み合い傷つけ合う人生を貪る。その原因はと言えば、名利や快楽を貪り、己の清浄なる本性を覆いかぶせてしまったからに外ならない。 "
静思語