慈済日本のサイト

11月24日
  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size

情愛について

Eメール 印刷
問い:「呪文や誦経の功徳を他人に回向することを家族が反対するのですが、どうすればよいでしょうか」

上人:「信仰をことさら形に表わす必要はありません。《地蔵経》を唱えたら、まず地蔵菩薩の大悲願を了解して衆生済度を学ぶことです。大悲呪水(呪文を唱えた水)を人に飲ませてあげたいと思っていらっしゃるようですが、考えてもごらんなさい。自分自身悩みだらけなのに、人様のために厄払いができるほどの徳が具わっていると思いますか。もし『徳』と『定力』が具わっているのでしたら、ただ思いをこめてその人を祝福するだけで『業』は消失します」


訳・慮慇

 

" 【生命を守ること、害すること】 飢える人に腹いっぱい食べさせ、凍える人を暖め、病人に診療を施し、身の周りの人道的な行為を見たり聞いたりしては互いに励まし合い啓発し合う、というのが「生命を守る」正しい方法である。盲目的に生き物を捕らえてから放ち逃す「放生」は本末転倒であり、かえって生命に害を加えることになる。 "
静思語