慈済日本のサイト

08月05日
  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
ホーム

人間菩薩のネットが世界を覆う

人間菩薩のネットが世界を覆う『妙法蓮華経・薬草喩品』に「一点の雲が瞬く間に大地を覆い、一時に等しく雨を注ぐ。そして、その潤いはすべての草木を満たす」とある。慈済基金会は台湾で始まったが、2011年東日本大震災の際に慈済が大規模な支援を行ったように、大愛の善意ネットワークは地域を問わず広がっている。
記事全文...
 

真実の愛!私のベビー

真実の愛!私のベビー昨年九月、「慧眼独具」と言うLINEのグループで、「網膜芽細胞腫」と診断された三歳の子どもが小...
記事全文...

慈濟が廃材と帆布で家づくり

慈濟が廃材と帆布で家づくり災害後の復興に力を注ぐ

一本一本、木で骨組みを作り、その上を帆布で覆い風雨を凌ぐ。モザンビークの...
記事全文...

梅雨の被災地に奉げた一杯のスープ

梅雨の被災地に奉げた一杯のスープ【慈済日本支部 西日本豪雨災害視察レポートより 】七月十二日、慈済ボランティア東京所属の十一名...
記事全文...

深刻な被害を受けた被災地での訪問ケア

深刻な被害を受けた被災地での訪問ケア

山口勝子さんの家は最も被害が深刻だった箭田地区の坪田部落にあった。山口さんによると、子供たちは...

記事全文...
1 / 9 ページ