慈済日本のサイト

09月24日
  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
ホーム

慈濟が廃材と帆布で家づくり

慈濟が廃材と帆布で家づくり災害後の復興に力を注ぐ

一本一本、木で骨組みを作り、その上を帆布で覆い風雨を凌ぐ。モザンビークのボランティアは農業用建材と帆布を使い、バルディアおばあちゃんのテントを作った。モザンビークではイダイサイクロンによる風災害が発生した。慈濟は災害救援の後、地元ボランティアと地域の復興を援助した。
記事全文...
 

梅雨の被災地に奉げた一杯のスープ

梅雨の被災地に奉げた一杯のスープ【慈済日本支部 西日本豪雨災害視察レポートより 】七月十二日、慈済ボランティア東京所属の十一名...
記事全文...

深刻な被害を受けた被災地での訪問ケア

深刻な被害を受けた被災地での訪問ケア

山口勝子さんの家は最も被害が深刻だった箭田地区の坪田部落にあった。山口さんによると、子供たちは...

記事全文...

西日本豪雨災害 慈濟ボランティア避難所を訪問

西日本豪雨災害 慈濟ボランティア避難所を訪問七月上旬、日本の南で発生した台風七号は温帯低気圧へと変わり、それが梅雨前線と相まって72時間の...
記事全文...

花蓮震災 全日本溢れる愛情

花蓮震災 全日本溢れる愛情二月六日の深夜、突然鳴り続ける携帯電話、更に幾つもの衝撃的な影像が急速にインターネット上に拡散...
記事全文...
1 / 8 ページ