慈済日本のサイト

12月03日
  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
ホーム ニュース

医療チームがネパールに到着 被災地調査へ駆けつけた

医療チームがネパールに到着 被災地調査へ駆けつけた マグニチュード7.8の強震で、ネパールに甚大な被害をもたらし。死傷者が出たほか、遠隔地の交通が中断され、現在も救助が待たれている。首都のカトマンズも治療を緊急に必要とする患者数が多く、地元病院の医薬品が非常に不足し、ベッド数も十分ではありません。しかし、医師たちはノンストップですべての尊い命を救っています。
記事全文...
 

高雄ガス漏れ爆発事故 ケア活動を開始

高雄ガス漏れ爆発事故 ケア活動を開始 高雄市前鎮と苓雅地区において7月31日深夜、大規模なガス漏れ爆発事故が発生した。慈濟ボランティ...
記事全文...

澎湖旅客機墜落事故 百名の慈濟ボランティアが受難者と家族を労わる

澎湖旅客機墜落事故 百名の慈濟ボランティアが受難者と家族を労わる復興(トランスアジア)航空GE-222は23日午後4時、高雄小港空港から澎湖諸島の馬公空港に出...
記事全文...

フィリピン・ザンボアンガの仮設教室

フィリピン・ザンボアンガの仮設教室反政府勢力は夜が明ける前に上陸した。目的は市政府を占拠することである。
記事全文...

慈済会・生命に関心を寄せる家

慈済会・生命に関心を寄せる家サバ州のはずれにある集落の妊婦達にとって出産は生命をかけた闘いである。
記事全文...

タクロバン市民が安心できるよう慰問金に願いを込め

タクロバン市民が安心できるよう慰問金に願いを込め慈済基金会は、一ヶ月前に発生した巨大台風「ハイエン」で被害を受けたフィリピン・タクロバン地区を...
記事全文...

有給ボランティア制度で経済の復興を

有給ボランティア制度で経済の復興を巨大台風が去った後のフィリッピン・レイテ島・タクロバンは見るも無残な姿でした。慈濟基金会はアニ...
記事全文...

災難の後に初めの暖かい食事

災難の後に初めの暖かい食事熱々の大きななべの前に、大人も子供も、千人以上の難民が食器を持って、行列していた。みんなの目に...
記事全文...

台風30号被災後 オルモック市炊き出しと医療奉仕活動

台風30号被災後 オルモック市炊き出しと医療奉仕活動超大型台風30号(アジア名Haiyan)がフィリピンを直撃、フィリピン史上最大の災害をもたらし...
記事全文...
5 / 8 ページ

画像

超大型台風30号(アジア名Haiyan)がフィリピンを直撃、フィリピン史上最大の災害をもたらしました。被災状況が最も甚大なのは、レイテ島のタクロバン市、オルモック市、そしてサマール島のギワン島。

募集するには、より人間仏!

・・・・・参加のお願い・・・・・

私たちは常に多くの方の慈善の心に呼びかけます。
私たちの活動に参加してみませんか?
時間でも資金でもあなたの思う方法で参加しませんか?
私たちはいつでもあなたを待っています。

ホットトピック

 

東日本大地震住宅被害見舞金配付活動一覧表

 

四川省大地震の後・慈済希望工程

洗い出しの外壁、人字型の集会堂、地面が呼吸できるインターブロ...

 

ペットボトルリサイクル――エコ毛布の奇跡

人々はこんなにも軟らかく暖かな毛布が、ペットボトルから作られ...

メインメニュー


" 人は各々顔が違い、それと同じように性格も異なる。修行するには群衆の中に入って性格の異なる人たちと互いに磨き合い、適応し合い、睦み合わなければならない。 "
静思語